プレハブ解体を業者に依頼時の費用は?追加も?相場を知り見積もりの参考に

未分類

プレハブを建てたが使わなくなり、解体を検討している方もいるでしょう。一般的な家屋と同じく業者に解体を依頼すると費用がかさみます。プレハブの広さや大きさ、材質によっても解体費用は変わってきますが、相場を知っていれば見積もりや解体する際にスムーズに進められるでしょう。今回はプレハブの解体を業者に依頼した際にかかる費用の相場、追加費用がかかるケースを紹介します。

プレハブの解体を業者に依頼した時の費用相場

プレハブ解体に掛かる費用は広さや材質、構造や立地条件により変わります。お住いの地域の業者によっても多少違いがあるようですが、おおよその相場は以下の通りです。

材質相場(1坪当たり)
木造20,000円〜40,000円
軽量鉄骨造25,000円〜40,000円
鉄骨造25,000円〜40,000円
鉄筋コンクリート造30,000円〜60,000円

1坪当たりの計算ですが、大体18,000円から40,000円が相場です。ここからアスベストの有無や作業スペースの広さ、重機が必要であるかなどが加味された金額となるでしょう。

鉄筋コンクリート造に関しては、撤去自体の手間や時間がかかることやリサイクルできる廃材が少ない事から高めになります。表のように計算すると参考程度ですがこのようになります。

  • 6畳程度の木質系プレハブ:130,000円
  • 資材置き場、事務所として使用していたプレハブ:280,000円
  • 300㎡程度の軽量鉄骨プレハブ:2,000,000円

以上のように材質や条件などで坪単価は変わります。

あくまでも費用相場の目安であり、実際の金額は解体業者の提示を受けましょう。費用相場の適正価格に近付けるために、複数業者の見積もりをとることが大切です。

プレハブ解体に追加費用が掛かるケース

プレハブの条件によっては、追加費用が生じてしまうケースがあります。解体工事において追加費用が生じてしまうポイントを紹介します。

  1. 残置物が多い
  2. 充分なスペースがない
  3. 重機回送費用
  4. 基礎や作りが頑丈
  5. 処分費
  6. その他

以上の様に、追加費用が生じるポイントが多数あります。業者と金銭面でのトラブルになりかねないので契約内容の見直しや打ち合わせを綿密に行う様にして計画的に進めていきましょう。

まとめ

プレハブ解体依頼時は複数業者から見積もりを

プレハブは簡易的なものでもそれなりの費用が掛かります。業者によって費用が違うので解体依頼を1社で行うとその金額が適正であるのか判断が難しくなります。特に解体依頼が初めての場合、業者の言いなりになってしまう恐れもあるでしょう。

余分な費用を請求されたり面倒なトラブルが起こるのを防ぐためにも見積もりは必ず2~3社から取り、工事内容や費用を見比べ依頼する業者を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました